2019年11月

歴史とモーターボートを愛する町の有力者が、町おこしのためにと町営の喫煙所をつくることを思いつく。かつてこの町には寛政年間につくられ、江戸幕府御用達の喫煙所があり、それを現代に再現すれば、観光客がどっと押し寄せるのではないか。そうなれば、自分が経営するカラ ...

「今日の午後2時ごろ、どちらにいらっしゃいました?」「えーっと、その時間は…あ、変電所の裏の空き家で、海鮮丼を食べてました。……あれ?もしかして、わたしのこと疑ってます?」「いえいえ、関係者の皆さんにお訊きしてますので」 ...

朝。どういうわけか、いつの間にか湧きあがった不安が、胸のなかでどんどん大きくふくらんでゆく。ぼくは気をまぎらわせるため、家を出ると、あてもなく歩きだす。◯近ごろ、このあたりでよく目撃されるニホンオオカミは、中学校のはす向かいのマンションの大家で、なにかと ...

すっかり陽が落ち、少し肌寒く、もの寂しい午後5時49分に思いついたおはなしです。◯秋から冬へと季節が変わった瞬間を、はっきりと認識したぼくは、自信家のスチームアイロンに導かれるまま、県南から県北へ、県北から県西へ、県西から県東へ。県南ではピクルスを、県北 ...

↑このページのトップヘ